読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ファストフードに浸かるとミネストローネが食べたくなる話と、ブログディナーの報告。

なぜ一人暮らしなのにまめに自炊する人がいるんだろうなぁと、私はずっと不思議でしょうがなかったです。
外食でも充分美味しくてコスパ良いものがこれだけ沢山あるというのに、なぜ一部の若者は自分のためにご飯を作れるのだろう、と。
けれどもいざ自分が毎日、ラーメン店とカレー屋と牛丼屋と蕎麦屋ばかりの五反田という地で昼食を摂るという状況になると、そしてそこで約半年間、好き放題ジャンクなランチを堪能した結果、すごく不思議なんだけど、とんでもなくミネストローネが食べたくなるんです。それも、お店で出てくるような酸味が強過ぎるものではなくて、ハーブもコショウも効き過ぎていない、ぼんやりとした味のシンプルなミネストローネが。そこに、ふやけるほどに茹でたパスタが入っていると尚よい。パスタが動物の形をしていればさらによいです。そんなミネストローネを、食べたいなぁ、とふと思うようになるのですよ。人間の体というのは本当に良くできているんですね!


そんなわけで、ご飯も炊いていなくて、パンもなかった今朝は、動物の形をしたパスタの入った、ぼんやりとした味の完璧なミネストローネを作りました。それと、友達が作って持ってきてくれたチョコレートのスコーンも食べました。
お昼はちょっと忙しくて食べられませんでしたが、夜は塩コショウしたチキンをソテーしたのと、大根とじゃこと厚揚げのサラダ(ポン酢と叙々苑サラダドレッシングを1:1でかけたもの)と、朝の残りのミネストローネを食べました。
とても充実感がある食事でした。

そしてこの話には特にここから先の展開があるわけではなく、このままではミネストローネの味のようにぼんやりと終わってしまうので、ちょっと先日参加したブログディナーについて書きますね。
いしたにまさき先生に誘っていただき、ブログディナーなるものに参加してきました。この会は月1で開催されており、なんと10年もの歴史があるというブロガー達の晩餐会です。10年選手ブロガーたちが多数集っていると聞き、うぶなわたしはおそるおそる参加しました。が、みなさん暖かく迎えてくださって、とても楽しい時間を過ごすことができました。みなさん、さすがブロガー、という情報感度で、私が過去にひっそりやっていたブログを知ってくださっていて。読んでたよ!と言っていただけるのは嬉しいものでした。しかしその場にいた沢山の初対面の方々がなんと私の家の在り処までご存知だったので、それはさすがに感度良過ぎやしませんか!!と思ったらみなさん、かつて酔っ払った私の身内を送り届けてくださったことがある、ということで、大変恐縮しました。人に迷惑をかけぬように心掛けたいです。

ということで、このへんで今日の報告をおわります。