読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【これはまさにセックスレス解消焼肉】主婦は焼肉矢澤で禁断の一線を越えたのか。

 
がんばってブログを書いてて良かったなあ。先日ブロガーとして株式会社トレタさんにご招待いただき、焼肉矢澤というお店の超美味しいお肉をいただいてきました。
 

店舗公式サイト:Yakiniku YAZAWA/

オンライン予約:焼肉矢澤 かんたんウェブ予約 | トレタ

 
シンガポールで「Japanese BBQ Yazawa」一号店をオープンし、日本に逆輸入されやってきた黒毛和牛の店、焼肉矢澤。美味しい部位を産地にこだわらず選ぶためにあえて一頭買いをしないそうで、これを聞いた時点で美味しいはまず間違いありませんね。
随所にこだわりのある絶品焼肉をブロガー達といただいていると、あれあれ、なんだかおかしな気持ちになってきちゃったぞ!というホットな夜の模様をレポートします。
 
f:id:akikomainichi:20141210082800j:plain
この日の一品目は驚きのナムル。そう、これはナムルです。カリフラワー、ズッキーニなどナムルらしからぬ野菜達が、なんと鰹出汁で味付けされているのです。ごま油と塩の一般的なナムルに比べると極めて洗練された大人のナムル。私はブロガースキルに乏しいので写真を撮り忘れたのですが、白を貴重とした店内もまたナムル同様に大変洗練されており、カップルの焼肉デートにぴったりです。
 
f:id:akikomainichi:20141210083401j:plain
こちらは矢澤のキムチ。唐辛子に着火された鉄板からの熱気もあいまって体も火照ってくるようです。
 
f:id:akikomainichi:20141210083154j:plain
ついにお肉が登場。厚切りタンとハラミ。
 
f:id:akikomainichi:20141210084438j:plain
基本的には店員さんが焼いてくれるので、エプロンをかけてお箸を手に待っているとお皿にお肉が飛び込んできます。至れり尽くせり。
焼きたての牛タンは塩ポン酢でいただくのですが、にじみ出る脂がお出汁のように味わい深くて感動しました。
 
f:id:akikomainichi:20141210090434j:plain
ふと隣に目を向けると、今回ご一緒させていただいた人気ブロガーのnarumiさんも思わず目を閉じ、静かに美味しさを噛み締めています。男性の恍惚の表情、いいですね!
 
f:id:akikomainichi:20141210083657j:plain
こちらは焼肉矢澤さんが胸を張って出しているユッケ。正しく下処理を行うのはとても大変なんだそうで、これが食べられるだけでも行く価値があるというもの。
 
f:id:akikomainichi:20141210084215j:plain
美しい卵黄に箸を突き立てるととろりと黄身が流れ落ちてきますので、お肉にねっとりとからませていただきます。生肉の力でなんだか眠れる野生が目を覚ましそう!
 
f:id:akikomainichi:20141210083748j:plain
こちらは焼肉矢澤名物の「サーロインの矢澤焼き」。大きい、赤い、そして薄い!
 
f:id:akikomainichi:20141210085246j:plain
表面をさらりと3秒焼いて
 
f:id:akikomainichi:20141210085321j:plain
くるくると巻き取り
 
f:id:akikomainichi:20141210085401j:plain
トロっトロの山芋のたれをからめていただきます。ただでさえ元気になってしまう真っ赤なお肉を、滋養強壮にも良いとされる山芋のタレで……これは罪な食べ物です。 
「…大き過ぎて口に入りきらないっ」
同じテーブルでご一緒させていただいた美人ブロガーも思わず呟いてしまうほどの大きなお肉がブロガー達のお口の中でとろけて、室内には一層異様な熱気が漂い始めました。
 
f:id:akikomainichi:20141210090605j:plain
そしてお隣には、美味しさのあまり頬を上気させているnarumiさん。
(…あれっ、narumiさんのお肌ってこんなにもつやつやだったんだな…)
美味しい感動にアルコールのいい気分も相まってなんだかnarumiさんまで美味しそうに見えてくる始末…。
 
f:id:akikomainichi:20141210090227j:plain
そんなタイミングで登場したこちら乙女のカクテル。季節限定ドリンクの「矢澤のクリスマススパークリング」女性だけにどうぞ、なんて言われれてますますいい気分に。
 
f:id:akikomainichi:20141210083831j:plain
こちらは60日間熟成した和牛モモ肉。先ほどいただいたサーロインがスイーツであるのに対し(©narumi's blog)この熟成モモ肉は紛れもない肉。今まさに肉を、生き物をいただいているのだと感じさせるしっかりとした味わい。これもまた美味っしい…!
 
f:id:akikomainichi:20141210091457j:plain
 narumiさんも思わずこの表情です。もう堪らない限界ギリギリ。絶頂へのカウントダウンが始まりました。
 
f:id:akikomainichi:20141210083904j:plain
そんな中で満を持して降臨したミスジ。この大きさ、そして薄さ、見覚えがありますね。そうこれもやっぱりサーロインと同様に3秒だけさっと焼いて、山芋のたれに絡めていただきます。個人的にはサーロインよりこのミスジにやられました。お肉の甘みがもう最高。わたしこんなのはじめて……と思ったら
 
f:id:akikomainichi:20141210091638j:plain
お隣のnarumiさんはわたし以上に完全昇天していました。次から次に投下される絶品肉爆弾の爆撃に遭い完全なる昇天。
 
そんなnarumiさんを拝見していると、楽しくお食事をご一緒させていただいただけなのに、気づけばなんだか越えてはいけない一線を越えてしまったかのようないけない気持ちに。。
 
f:id:akikomainichi:20141210091405j:plain
しめに出て来たこちらは土鍋の矢澤ごはん。生姜ごはんに牛のしぐれ煮が乗っけてありまして、このままいただいても十分美味しいのですが、別途ご用意されているお出汁をかけても美味しいんです。
 
ということで
 
 
f:id:akikomainichi:20141210091614j:plain
 narumiさんに熱いお出汁をたっぷりと注いでいただきました。
美味しいお肉を存分に堪能されたnarumiさん、どことなくスッキリとした表情。ブログ界の賢者ここに極まれりです。
 
 
 
人間ですのでただでさえ火を見るとメラメラとホットな気持ちが掻き立てられますが、そこへきてとめどない絶品お肉とお酒のシャワーをこれでもかと浴びせてくる矢澤焼肉。これは最早官能焼肉といっても過言ではありません。実際、プライバシーに配慮された店内構造に甘んじてついついチューしちゃうカップルもいるとかいないとか。
最近ご無沙汰というご夫婦も、ここで焼肉を食べた後にはあれよあれよのラッキーハプニングが待ち受けている可能性、大いにありますから、ぜひ準備万端で訪れてみてください。17時〜19時、21時以降であれば比較的予約が取れやすいそうですよ。
 
【ご予約はこちらから】
 
【参考までに】 
 
f:id:akikomainichi:20141210091440j:plain
 
ちなみにこの日は、近く東京駅の大丸にて販売開始される焼肉矢澤のお弁当も試食させていただきました。おひとつ3800円とのこと!商談決めた帰りの新幹線の中でいただくご褒美弁当に最適ですね。
 
 

http://instagram.com/p/wZxKBOh-25/

ところでこちらは先日焼いた失敗パン生地のピザ。大人が食べるときには胡椒をもうちょっと効かせてもいいかなと思いますが、いずれにしろ今回はもうお腹いっぱいですね。